読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームで遊ぼうよ?

ボードゲームの紹介やプレイ日記

ボードゲームをつくってゲームマーケットで売ってみた話 1

ゲームデザイン

目 次

はじめに

 
 昨年、友人たちと「狼と七日間」というボードゲームを作りました。初版100部は完売し、現在は第二版を販売しています。

 ちょうど去年の今頃は入稿の〆切に追われていました。今年のゲームマーケットには参加できそうになく、ちょっとさみしい気持ちになったので振り返ってみます。

 これは「狼と七日間」のデザイナーズノート、というより単なる備忘録ですが、少しでもこれから「ボードゲームを作ろう」という方の参考になれば幸いです。

サークルを作ろう!

 制作メンバーは4人で、オープンなボドゲ会で知り合いました。ボードゲーム歴は半年~1年半程度で、初級者から中級者といったところです。「僕(ゆたか)」「るー」「あかしあ」「との」4人の頭文字をとって「ゆるあ~と」というサークルを作りました。

 主な役割分担は、僕&あかしあ:ゲームデザイン るー:デバッグ との:グラフィックデザイン

 形から入るタイプですので、早速とのさんにロゴを作ってもらいました。自分たちで言うのもなんですが、カワイイです。


ゲーム制作の流れ

 正式にサークルを立ち上げたのが2015年7月。肝心のゲームはそっちのけでサークル名やロゴ作成に勤しんでおりました。しかし、メンバーは〆切がなければ動かない人間ばかり。そこで、ゲームの販売会であるゲームマーケット2015秋(ゲムマ)にちゃっかり申込みました。開催日は2015年11月22日。サークル結成からゲムマ当日までの4ケ月間は以下のような流れで進みました。

  • ゲームのアイディア出し
  • テストプレイ&テストプレイ
  • フレーバー決定→グラフィックつくる
  • ルール決定→説明書つくる
  • 印刷見本チェックと最終校正
  • 入稿・箱詰め・検品
  • ゲムマ当日

コレの他に事務的なのもありました

  • ゲムマの申込み
  • ゲムマのカタログ原稿入稿
  • ゲーム素材の選定
  • 印刷所の選定
  • SNSでの広報活動
  • ウェブサイト作成
  • 予約システム立ち上げ
  • 予約受付作業
  • 当日の販売ツール準備
  • 予約者特典の制作
  • 不良品対応

 こうして見るとナカナカ大変そうですね。メンバーが4人居て本当に良かったなと思います。

 次回はアイディア出しとテストプレイについて振り返ります。

 (続く)

yutaka-88.hatenablog.com