読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームで遊ぼうよ?

ボードゲームの紹介やプレイ日記

レディーファースト|Lady First

ボードゲーム

※この記事はゲームマーケットのプレイレポートとしてゆたかが書きました

目 次

f:id:yutaka_88:20170202000948j:plain:w640

デザイン 米光一成
人数 2人専用
ルール説明 1分
プレイ時間 3分
対象年齢 14歳以上
発売時期 2016秋

レディーファースト

愛の言葉を交わしながらプレイする
大人のための2人用ゲームです

口説ければ男の勝ち
口説けなければ女の勝ち

そんな二人の愛の物語

gamemarket.jp

概要

f:id:yutaka_88:20170202000943j:plain:w640

女役と男役に分かれます
女性は赤いカードを、男性は青いカードを受けとります

  • 赤いカード(女性):1~12が書かれた12枚
  • 青いカード(男性):2~12が書かれた11枚

手番がきたらできることは2択
カードをひくか、カードを出すか

これを繰り返して、女性に12のカードを出させれば男性の勝ち
それ以外で終われば女性の勝ちです

f:id:yutaka_88:20170202000946j:plain:w640

遊び方

f:id:yutaka_88:20170202000947j:plain:w640

お互いカードをよくシャッフルして山札を作ります
男性が「レディーファースト」と言ってゲームスタート

女性がまずカードを1枚ひき、そして男性も1枚ひきます

その後はカードを引くか、出すかの2択です

手札の上限は5枚なので、
既に手札が5枚なら必ずカードを出します

カードの下側には、
次に出すことができるカードの数字が書かれています

f:id:yutaka_88:20170202000945j:plain:w640

例えば青の5が場に出ていた場合、
次に出せるカードは青の2~4と6赤の4と6~12となります

カードを出す場所は共通で、1か所に重ねて出します
また、出すときに

「たいくつさせないでね」
「君と会えてうれしいよ」

などセリフを読み上げましょう


カードの数字が大きくなるほど、女性は口説かれHOTな状態に
女性は数字を小さく抑えてCOOLに保ちましょう

これらを繰り返し、女性が12のカードを出したら

「わかったわ あなたの勝ちよ」

で男性の勝利

どちらかがカードを出せなくなったら女性の勝利です

感想

遊んだ人 特徴
ゆたか 重ゲーを好んでプレイする20代男性
いしだ 軽ゲー好きだが重ゲーに付き合わされ気味の20代女性

1プレイが3分程度と短いこともあり、
夢中になって男女役を替えながら5回連続プレイしました

普段は運要素が大きい軽ゲーはあまり遊ばないのですが、
レディーファーストは小箱の見た目から想像出来ないほど
ハンドマネジメントが楽しいです!

どちらがカードを出せなくなっても男性の負けなので、
男性は女性にうまくテンポを合わせなければいけません

5回中4回女性が勝ちましたが、
そんなところも含めて再現度が高いなあと思いました(笑)

例えば、女性が12のカードを手札に持っていなければ、
いくら高い数字を出してガンガン押してもダメなんです

ちゃんとクライマックスに向けて手札をうまく使い、
最高のタイミングで勝負をかける…
なんてロマンティック!

これほど男女をうまく表現したゲームを他に知りません

ルール説明も簡単で、常にカバンに忍ばせて置きたい作品でした!
おすすめです


いしだの感想

  • ルールが簡単でサクッとできました
  • 運の要素が強そうに見えたけど、考えどころが多かったです
  • セリフが本当に会話をしているようで楽しかったです

レポートは以上となります


最後にひとつ気になったことが…

箱絵は少年少女だったのに、
カードの絵は紳士淑女です

……そこに至ったドラマを考えながら
みなさんもぜひ遊んでみてくださいね!

gamemarket.jp